トップへ戻る

床下の暖房を設置

床下の暖房を設置
「この家のオーナーは幸せだ」と感ずる現場
リフォーム失敗談
リフォーム失敗の原因
後悔しないための知識

床下の暖房を設置

私の家は冬はとても床下が寒いのでリフォームを考えた際に電気式の床下暖房が候補に挙がり床下に暖房をつけるリフォーム工事をしました。
工事代金なのですが100万円未満の工事費用ですみました。

 

電気式の床暖房にした理由と言うのは設置する際の費用が少ない部類だったことと、メンテナンスの必要性がないことと、
灯油式のものと違いすぐに温まると言うことなので子供がいる世帯の私としては良いと思ったから電気式の床暖房にしました。

 

工事自体はスムーズに終わり、床下暖房は何の問題もなく機能しており、家族は皆喜んでいました。
問題はここからなんです。床下の暖房には暖まらない箇所が多々あり、温まらないところはものすごく冷たいのです。
電気式は後で調べて分かったことなのですが温度ムラが多く温まらないところがあるそうです。

 

後、びっくりするほど高い電気代、暖房だけで3万円は飛びます。
ちなみに我が家の省エネタイプの物で3万円が軽く飛びますので省エネタイプでない物だとどうなっていたかを考えるとゾッとします。
温度調整もそんなに高くない温度で3万円を超えてしまったのでさらに温度を下げてみてもどう頑張っても2万円までにしか電気代ができませんでした。

 

これだったら灯油式の床暖房のほうがまだランニングコストは安かったのかもしれません。
省エネタイプだと言われたのと安全なタイプと言うことだったので電気式の床暖房にしましたが、
これだったらガスタイプなども床下タイプの暖房の購入候補としてあげたほうが良かったかもしれません。

 

私の家はガス代が安いのでガスのほうだったら時間当たりのコストも10円くらいと後でわかった分ガスの床下暖房にしておけばと悔やまれます。
ガスを候補に挙げなかった理由は爆発するのではないかと言うことですが、
ガスは発電のためのタービンを回すだけで床下にガスが走り回るわけではないので爆発する危険性は少ないように感じます。

 

妻の意見を参考にして電気式のものにしましたが電気代を気にするあまり最近ではあまり使用せず、
どうしても使用しなければいけないくらい寒い時にのみ使用しているだけの機器となってしまいました。

 

確かにメンテナンスの必要性がない上に安全だとは思いますがその見返りの電気代の増加がとても大きく頻繁に使用できるようなものではないと思います。
多分最大火力で使用すると5万は超えるのではないでしょうか。
それだけの電気代を支払ってまで使いたいかどうかを考えると普通にスリッパを使えばいいだろうと言う答えに行き着いてしまいました。
残念なリフォーム結果です。

 

リフォーム比較

 

 

 

リフォーム失敗談
リフォーム失敗の原因

 

リフォームのヒント

業者の選択は難しい
分譲マンションに住んでいますが、リビングの壁、窓枠、絨毯の張替えなどのリフォームをしました。
リフォームをしてからもどんどん失敗を感じます
私がリフォームをしたのは、新築から20年たった時です。
庭の水やりが思いの外大変だった
これまで玄関の限られたスペースだけにプランターや鉢を設置して花や野菜を育てていました。
料金だけでリフォーム業者を決めるリスク
20年ほど前に知り合いの工務店に実家を建ててもらいました。
我が家の洗面所リフォームでの失敗
我が家は中古マンションを購入したのですが、その際にキッチンやトイレ、そして洗面所などの水回りは全てリフォームすることにしました。
リホーム工事の時の照明器具等のスイッチ
リホーム工事をした時の失敗談です。厳密には失敗というほどの物ではないかもしれませんが、使い勝手が悪いので失敗談とします。
外壁塗装のリフォームでの失敗談
築20年の一軒家の外壁の塗装が傷んできたので外壁塗装のリフォームの計画を立てるようにしました。
リビングに階段をつけて大失敗!
築40年の家をリフォームして、使いやすい間取りにしようと思い、私にとっては大規模なリフォームを行いました。
いろいろな失敗談
自分の家をリフォームしてみて、まず失敗したなと思ったのは暖房器具です。

リフォームサイト比較 リフォーム失敗談 介護・バリアフリー 賃貸リフォーム 一戸建て専門 外壁、屋根塗装会社比較