トップへ戻る

外壁塗装のリフォームでの失敗談

外壁塗装のリフォームでの失敗談
「この家のオーナーは幸せだ」と感ずる現場
リフォーム失敗談
リフォーム失敗の原因
後悔しないための知識

外壁塗装のリフォームでの失敗談

築20年の一軒家の外壁の塗装が傷んできたので外壁塗装のリフォームの計画を立てるようにしました。
外壁塗装自体を依頼することが初めてでしたが初めに挨拶周りが重要だということを教わった挨拶回りをしに行こうとすると業者の方が「私たちが行きますよ」と親切に行ってくれたので安心してお任せしました。

 

ただ、その後工事が始まると近所の方から「塗装の匂いがキツ過ぎて洗濯物がまともに干せない」と苦情が来ました。
せっかくのリフォームなのに暗い気持ちになりながら外壁塗装をそのまま実行しました。
外壁の塗装が終了すると今までは茶色の屋根で白い壁にしてきましたが気分転換で赤色に変えてみようと依頼してみました。

 

サンプルで見た限りではすごく明るいイメージで良い感じかなと思っていましたが実際に塗装が完了すると全体的な印象が悪く安っぽい印象が強くなった気がします。
せっかく期待通りに塗り替えることが出来たのだと思っていたのに残念です。

 

再度塗り替えすることも出来ず、結局次の10年後まで我慢しないといけません。
友人曰く、その場合は実際に試し塗りをしてもらって確認する方法もあったみたいでもっと早く事前に確認しておけばよかったです。

 

また、終わってみると当初の予算よりもはるかにオーバーして予想外の追加費用が発生するトラブルが発生しました。

 

今回は塗り替えのみを計画していたのですが工事が始まってみると日当たりが良い方の壁面がひび割れが発生していて
スキマを埋めてあるシーリング材も劣化して細かいひび割れが起きていることが工事中に発覚しました。

 

おかげで外壁の劣化がかなり進んで内部に水が浸入し、一部の構造部分も腐食しているので外壁塗装の費用の他に補修工事として様々な工事が必要になり費用が掛かりました。

 

3社以上に見積もりを取ることが常識だということで実際に見積もりを3社以上に見積もりを依頼すると値段だけではなくサービス内容やスタッフの対応などを比較できました。
ペンキの種類なども業者によっては異なりますし、値段も驚くほど差がありました。

 

カタログを見ながら壁の色を決めますが実際にカタログに載っている印象は違ったわけですから念には念を入れて慎重に選ぶと良いですよ。

 

また、工事中は騒音やニオイなど多くの面で近所の方に迷惑をかけてしまうこともありますので、
ここは業者に任せきりではなく自分自身があいさつ回りをすることをお勧めします。
因みに私の場合は一年点検はありませんでしたが友人がお願いした業者の方は一年点検がついており、そういった点も考慮しながら業者選びをした方が良いかもしれません。

 

リフォーム比較

 

 

リフォーム失敗談
リフォーム失敗の原因

 

リフォームのヒント

業者の選択は難しい
分譲マンションに住んでいますが、リビングの壁、窓枠、絨毯の張替えなどのリフォームをしました。
リフォームをしてからもどんどん失敗を感じます
私がリフォームをしたのは、新築から20年たった時です。
庭の水やりが思いの外大変だった
これまで玄関の限られたスペースだけにプランターや鉢を設置して花や野菜を育てていました。
床下の暖房を設置
私の家は冬はとても床下が寒いのでリフォームを考えた際に電気式の床下暖房が候補に挙がり床下に暖房をつけるリフォーム工事をしました。
料金だけでリフォーム業者を決めるリスク
20年ほど前に知り合いの工務店に実家を建ててもらいました。
我が家の洗面所リフォームでの失敗
我が家は中古マンションを購入したのですが、その際にキッチンやトイレ、そして洗面所などの水回りは全てリフォームすることにしました。
リホーム工事の時の照明器具等のスイッチ
リホーム工事をした時の失敗談です。厳密には失敗というほどの物ではないかもしれませんが、使い勝手が悪いので失敗談とします。
リビングに階段をつけて大失敗!
築40年の家をリフォームして、使いやすい間取りにしようと思い、私にとっては大規模なリフォームを行いました。
いろいろな失敗談
自分の家をリフォームしてみて、まず失敗したなと思ったのは暖房器具です。

リフォームサイト比較 リフォーム失敗談 介護・バリアフリー 賃貸リフォーム 一戸建て専門 外壁、屋根塗装会社比較