▲ 

フォーム失敗談」は必ず見ておきましょう【プロの視点】

お客様に対案を出して選んでいただくことの大切さ
リフォーム会社の比較の前に知ってもらいたいこと【プロの視点】
「この家のオーナーは幸せだ」と感ずる現場
リフォーム失敗談
リフォーム失敗の原因
後悔しないための知識

お客様に対案を出して選んでいただくことの大切さ

リフォーム比較

 

お客様に対案を出して選んでいただくことの大切さ

 

リフォームの範囲が狭くても、
例えばキッチンリフォームだけだったりしても
現状のまま取り替えれば良いというものではありません。

 

かといって
予算も限られているとすれば大規模にはしたくないというのも分かります。

 

そして小さな範囲だからプロのアドバイスを受けるまでもないと
考えていたらそれは損です。

 

なぜならリフォームの利点はすでに住んでいる状態なので
工事を今すぐ全てをする必要がないからです。

 

つまり
将来的にはこんな風にしたいというビジョンを明確にしてから
部分的なリフォームを始めるということです。

 

それを計画通りに進めるにはプロのアドバイスや提案が欠かせません。

 

 

例えば
最初はキッチンとフロアーのリフォームだけとし、

 

余裕がでてきたときに
リビングと洋室の間取りを見直し、

 

次は洗面室やトイレのリフォームをするといった具合です。

 

 

自分が経験したリフォームは
当初からキッチンの取り替えだけというお話だったのですが、

 

希望を聞くうちに、
現状のI型キッチンの配置にそもそも悩んでいると感じたので
間取りを変更し、つまり台所とダイニングの間仕切りを取り除き
アイランドキッチンにしてみてはいかがでしょうかと言い、
その後、プランの提出をしたところ
二つ返事でそのプランでやりましょうというご返事をいただいたことがあります。

 

その様子を見ていたハウスメーカーの担当者は驚いた様子だったことを
今も思い出します。

 

 

 

 

 

目次

 

 

 

 

新築、リフォームで後悔しないために
[家の重大箇所をより良くする方法](PDF37ページ)
を2018年1月より一般公開としました。

 

以下のボタンをクリックしてごらんください。

 

リフォーム比較


 

リフォームの打ち合わせ時にお持ちください。


リフォーム会社比較に戻る
トップページへ戻る


リフォーム会社比較 リフォーム失敗談 介護・バリアフリー 賃貸リフォーム 一戸建て専門 外壁、屋根塗装会社比較