▲ 

リフォーム会社を紹介するサイトの比較方法をリフォームのプロが分かりやすく解説

リフォームしてからでは遅い!【後悔しないための知識】
リフォーム会社の比較の前に知ってもらいたいこと【プロの視点】
「この家のオーナーは幸せだ」と感ずる現場
リフォーム失敗談
リフォーム失敗の原因
後悔しないための知識

リフォームしてからでは遅い!【後悔しないための知識】

ラインアット

リフォームや新築にかかわらず建築物とは後から細工が出来ないもの

 

 

知らなきゃ損する家づくり:後悔しない為の知識・他

 

 

家づくり(新築・リフォーム)は
外観デザイン、そして内部の間取り、インテリア、収納といろいろありますが、

 

その打ち合わせの中で
本当に大切なことが抜けていることを
家の提供側も忘れているとしたらどうでしょうか?

 

そして
その大切なことは住んでから気が付くことだったりします。

 

さらに
建築工事が終わったあとではどうすることもできないものだと
知ったらどう思いますか?

 

 

ではその具体的例を上げてみましょう。

 

 

1.階段に手すりをもう片側にも付けたい時

 

2.洗面室のパイプの数や位置を変えたい時

 

3.TV をリビング以外のカベに取付したい時

 

4.冷蔵庫の上に棚板を付けたい時

 

5.納戸(物入れ)に棚板やフックを付けたい時

 

6.廊下やトイレにも手すりを付けたい時

 

 

どうでしょうか、
思いついたこともあると思いますが、
リフォーム後ではできないことばかりだと知ったらどう思いますか?

 

 

では後からできない理由は何なのでしょうか、

 

それはズバリ

 

『下地が無い』からです。

 

 

言いかえれば、
下地が入っていなくても建築基準法では問題がないからです。

 

 

これではリフォームしてから後悔する人がいても不思議ではありません。

 

 

そして業者さんは進んで下地の話をすることはありません。

 

なぜなら面倒だからです。

 

もしくは
リフォーム会社の担当者の親切心がそこまで及んでいないのかも知れません。

 

 

となるとどのように自己防衛をするかと言いますと、
生きた知識をあなたが持つ必要があるということです。

 

 

ここではそのレポートをラインアット(LINE@)の登録特典としています。

 

 

さっそく以下から入手して、家のリフォームの打ち合わせの際にお持ちください。

 

必ず、思いが行き届いた家になることでしょう。

 

 

 

 

 

LINE@では
新築、リフォーム時に必要な知識以外に、プロ向けのオーダー家具の情報もお届けしています。
家具作りや、設計に興味のある方もぜひ登録してください。

 

 

 

@wbc7267q

 

友だち追加

 

 

 

 

 

目次

 

 

 

 

新築、リフォームで後悔しないために
[家の重大箇所をより良くする方法](PDF37ページ)
を2018年1月より一般公開としました。

 

以下のボタンをクリックしてごらんください。

 

リフォーム比較


 

リフォームの打ち合わせ時にお持ちください。


リフォーム会社比較に戻る
トップページへ戻る


リフォーム会社比較 リフォーム失敗談 介護・バリアフリー 賃貸リフォーム 一戸建て専門 外壁、屋根塗装会社比較